彰化縣議會全球資訊網(回首頁)

歴史の沿革

きっかけ
  1950年(民国39年)政治は人民にあるとして、政府は地方自治を実施した。そこで、彰化県政府は、「台湾省各県市実施地方自治網要」及び「台湾省各県市議員選挙罷免規定」の規定に従い、県管轄内26の鄉・鎮・市を10の選挙区に分け、各地区の人口比率に比例させ、議員人数を決めた。

成立
  1951年(民國40年)2月4日、彰化県議会の成立式典と第一期第一次大会が行われ、69名の議員が就任宣言をした。1953年(民國42年)、選挙区の区分が本来の10区から9区に減り、その後、選挙区の人口に比例させて適切な議員の人数に調整した。それが彰化県の進歩を監督及び促進し、一つの強大な力となった。

展望
  彰化県議会が成立して現在に至るまで、60年以上協議を行った。現在19期に達し、9区の選挙区に合計54名の議席がある。歴代選出された議員の席は、1068議席にのぼり、台湾の民主政治の変遷過程を目撃し、証言している。